丑年御縁年
丑寅年生れ守り本尊・13詣り

虚空蔵尊 南光院

丑寅年生まれ守り本尊「福満虚空蔵大菩薩」は日本三大虚空蔵尊に数えられる伊勢神宮鬼門除けの寺「伊勢・朝熊岳金剛証寺」のご分身で、智恵・福徳・財力向上の本尊です。
開山は文永3年(1266)、社殿建立は文永5年(1268)

子供さんの数え年13歳「十三詣り」は虚空蔵菩薩に縁日護摩祈祷が行われる、十三日にお参りして厄除け、心身健康、学業成就、一代の開運をお祈りしましょう。

  • 庄内十三仏霊場第13番札所になっています。
  • 十三仏霊場に関するお問い合わせと、詳細パンフレットは

事務局 0235(35)3157まで

丑年御縁年・御開帳
令和3年6月13日(日)

大護摩祈祷 11時から厳修されました。

  • 新型コロナウィルス感染症拡大のため参列は、役員関係者と信者様の人数制限をして行われました。


  • 当山では御祈願、御供養、お祓い(車・家・土地)は、いつでも対応しております。
  • 事前にお電話ください。電話/ファックス 0235-35-3157



丑年御縁年・御開帳

記念御朱印

「福満虚空蔵尊」御朱印
虚空蔵山不動の滝「不動明王」御朱印
令和3年6月13日(日)から頒布いたします。
希望の方は、お電話下さい。
                        ☎ 0235-35-3157

丑年御縁年・御開帳

一日限りの御開帳でしたが、来年の寅年も福満虚空蔵大菩薩
御縁年で、6月13日 一日限りの御開帳が行われます。

山伏問答から始まる山伏諸作法のあと、大護摩祈祷が厳修されました。

庄内十三仏霊場巡礼のご案内

山形県の日本海側庄内地方に点在する13ヶ寺を訪ねませんか。
亡くなられた大切な方やご先祖様のご供養のため、またご家族様、ご自身の守り本尊が全て入っていますので、家内安全、身体堅固、家運長久、現当二世安楽の祈願として巡礼される方が多くいらっしゃいます。どうど巡礼の旅へ一歩踏み出しましょう。
庄内十三仏霊場のお問い合わせは、事務局 南光院までお気軽にご連絡ください。
詳しいパンフレットもございます。
tel/fax0235-35-3157


  



ご供養

いつでもご供養は受け付けております。個人情報は厳守しますので、ご相談ください。
特に秋彼岸の「奥の院塔婆納め合同供養」は、南光院本堂で法要を営み、山頂の虚空蔵山(標高573m)に塔婆を納めます。
奥の院の虚空蔵堂は、霊魂のおさまる山、あの世の山、33年後に神になる山「霊峰月山」に向いています。
その月山に向け塔婆を立て、皆さんの亡くなった大切な方、ご先祖様が月山に導かれますようにと気持ちを込め納めます。
彼岸でなくても、随時ご供養は行い、後日山頂に納めます。

回向の契証と供物を授与し、以後3ヶ月本堂で供養いたします。

お知らせ・虚空蔵山登山道「通行止め」解除について

写真は、奥の院虚空蔵山の登山口鳥居です。鳥居の50m先で土砂崩れが発生し、危険なため通行止めにしておりましたが、令和3年5月7日から仮設工事が完成し、通行できる状態になりました。 鳥居のある場所から直接登山できませんが、案内看板が設置されておりますので、指示方向に従って通行お願います。仮説登山道は鳥海採石工業㈱さんの採石現場内にありますので重機も頻繁に通ります。
平日登山の方は、安全のため鳥海採石工業㈱田川工場の事務所に寄って下さい。
  鳥海採石工業㈱田川工場 電話0235-35-2091

福満虚空蔵大菩薩の故郷

伊勢の国(三重県)伊勢神宮鬼門除けの寺「朝熊岳 金剛証寺」
金剛證寺(こんごうしょうじ)は、三重県伊勢市朝熊町岳にある臨済宗南禅寺派の寺院である。山号は勝峰山、院号は兜率院と称する。1200年前には弘法大師が「虚空蔵求聞持法」の修行をされた真言宗のお山でした。本尊虚空蔵菩薩です。朝熊山(あさまやま)南峰(経ヶ峯)東腹にあり、「朝熊山」と呼ばれる場合がある。

https://www.iseshimaskyline.com/kongoushouji/index.html 

金剛証寺の秘仏「虚空蔵菩薩」は、20年ごとに行われる伊勢神宮遷宮の翌年に御開帳されます。

福満虚空蔵大菩薩 

13日縁日護摩祈禱厳修

毎月13日午前10時から、「縁日護摩祈祷」が厳修されます。 
どなたでも自由にご参拝頂けます。
当日の御祈祷も受付いたします。

⁂新型コロナウィルス感染症拡大のため、参拝者にご協力をお願いします。
・マスク着用 ・手指の消毒・検温・換気
本堂内では、換気扇と空気清浄機を作動しています。

総本山 醍醐寺

南光院の本山
世界文化遺産に指定されている古刹です。
真言宗醍醐派の総本山
https://www.daigoji.or.jp

弘法大師の孫弟子「聖宝理源大師」開山
醍醐寺(だいごじ)は、京都府京都市伏見区醍醐東大路町にある仏教寺院。真言宗醍醐派総本山で、山号を醍醐山(深雪山とも)と称し、本尊は薬師如来。上醍醐の准胝堂(じゅんていどう)は、西国三十三所観音霊場第11番札所で本尊は准胝観世音菩薩。
関白の豊臣秀吉が最後の大花見会をした「醍醐の花見」は有名で、桜の名所です。